■転職準備金にご用心。

看護師の求人は、買い手市場といわれ、かなりの人手不足が伝えられていますが、いまだにその状況は解消されていないようです。

ネットの人気ランキングは、大手の民間病院や大学の研究機関でもある大学病院が名を連ね、かなりの高待遇で看護師を出迎えています。(参考;http://www.pedrojulien.net/)

それでもなかなか予定の看護師人員は確保できず、あの手この手の引き抜き合戦にまで発展しているケースが少なくないようです。

看護師にとって求人は転職の大きな手がかり・足がかりでもありますが、たとえそれがランキングの上位にある有名病院でも気をつけたほうがいいという噂が飛び交っています。

その噂について真剣に話し合っているのは当の看護師たち。

何に気をつけるのかというとランキングの病院をクリックしたときに出てくる待遇内容の詳細で、とくに転職時の“高待遇”については名目だけの高待遇が多いといいます。

もう少し詳しくお話しすると、たとえば「転職支度金有り」などといっても、転職支度金をもらった後はすぐに過酷な労働条件の中に放り込まれて、まるで「高い金で雇ってやったのだから、一生懸命働け」と言わんばかりの上司が登場してくる病院もあるといいます。

こういう転職者に対する脅迫まがい・押しつけ同然の行為を「トラハラ」(トラバーユハラスメント)というのだそうですが、転職したてで同僚と呼べる仲間もいない孤立無援の看護師を標的にした嫌がらせは、看護師本人を重度なうつ病患者へと変身させてしまうという見にくい結末を迎えます。

病気の人々を救うためにやってきた天使が、仲間たちの手によって病人にされてしまうとは恐ろしい世の中というよりほか表現が見つかりません。

看護師のみなさん、求人の人気ランキングにはいま一度気をつけましょう。